TOP試合結果2011年公式戦第82回都市対抗野球大会NTT東日本

試合結果|JR東日本野球部の公式戦やオープン戦の試合結果をご覧いただけます。

2011年

公式戦

第82回都市対抗野球大会

対戦相手:
NTT東日本
試合日時:
11月 1日
場所:
京セラドーム大阪
守備 選手名
1 川端
2 竹内
3 佐藤弦
4 松本
5 DH 村上★
6 縞田
7 木本
8 石川
9 山口
先発投手 十亀
新人選手は新人選手です。
★は補強選手です。
安打 0 3 1 0 0 1 0 0 1 1 0 7
四死球 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 2
三振 1 1 1 1 1 0 1 1 1 0 1 9
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
NTT東日本 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
JR東日本 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 2
安打 0 0 0 0 0 0 2 1 0 1 2 6
四死球 0 2 0 1 0 0 1 0 0 1 0 5
三振 1 2 1 3 2 2 1 1 2 0 0 15
バッテリー 十亀、片山、金 - 石川
本塁打 松本
三塁打
二塁打 川端、石岡(新人)、松本
盗塁
選手 位置 打数 安打 打点
1 川端 4 1 0
2 竹内 4 0 0
3 佐藤弦 3 0 0
PH 1 0 0
石岡 1 1 0
4 松本 5 2 2
5 村上★ DH 2 0 0
6 縞田 2 0 0
7 木本 4 1 0
8 石川 4 1 0
9 山口 2 0 0
重谷 1 0 0
鈴木雄 1 0 0
- - 34 6 2

新人選手は新人選手です。

投手名 回数 被安打 四死球 奪三振 失点 自責点
十亀 2 1/3 4 1 2 1 1
片山 6 2 1 5 0 0
2 2/3 1 0 2 0 0
11 7 2 9 1 1

新人選手は新人選手です。

1回表

1番 小林 空振り三振
(1アウト)
2番 目黒 セカンドゴロ
(2アウト)
3番 岩本 セカンドゴロ
(3アウトチェンジ)
安打 0
四死球 0
三振 1
得点 0
十亀投手、最高の立ち上がり。

1回裏

1番 川端 空振り三振
(1アウト)
2番 竹内 サードゴロ
(2アウト)
3番 佐藤 ピッチャーゴロ
(3アウトチェンジ)

安打 0
四死球 0
三振 1
得点 0

2回表

4番 北道 強烈なピッチャーライナー
(1アウト)
5番 高尾 レフトツーベースヒット
(1アウト 2塁)
しのげ、十亀!
6番 平野 レフト前タイムリーヒット
(1アウト 2塁)
踏ん張れ、十亀!
7番 越前 ライト前ヒット
(1アウト 1・3塁)
8番 梶岡 レフトファールフライ
ファーストランナー タッチアップで2塁へ
(2アウト 2・3塁)
9番 上田 空振り三振
(3アウトチェンジ)

安打 3
四死球 0
三振 1
得点 1

1失点でなんとか踏ん張った。
早い回に追いつくぞ!

2回裏

4番 松本 見逃し三振
(1アウト)
5番 村上 デッドボール
(1アウト 1塁)
6番 縞田 2者連続デッドボール
(1アウト 1・2塁)
7番 木本 見逃し三振
(2アウト 2・3塁)
石川頼むぞ!
8番 石川 ピッチャーゴロ
(3アウトチェンジ)

安打 0
四死球 2
三振 2
得点 0

まだまだ序盤。

3回表

1番 小林 セカンドゴロ
(1アウト)
2番 目黒 左中間ツーベースヒット
(1アウト 2塁)
3番 岩本 フォアボール
(1アウト 1・2塁)
ピッチャー交代 十亀 → 片山
4番 北道 アウトロー「ズバッ」っと見逃し三振
(2アウト 1・2塁)
5番 高尾 ピッチャーゴロ
(3アウトチェンジ)

安打 1
四死球 1
三振 1
得点 0

ピンチをしのいだ。
さあ、攻撃陣いくぞ!

3回裏

9番 山口 ショートライナー
(1アウト)
1番 川端 ショートライナー
(2アウト)
2番 竹内 空振り三振
(3アウトチェンジ)

安打 0
四死球 0
三振 1
得点 0

なんとかくらいついていくぞ!

4回表

6番 平野 レフトフライ
(1アウト)
7番 越前 空振り三振
(2アウト)
ナイスピッチング!
8番 梶岡 サードゴロ
(3アウトチェンジ)

安打 0
四死球 0
三振 1
得点 0

流れがよくなってきたぞ。
まずは追いつくぞ!

4回裏

3番 佐藤 空振り三振
(1アウト)
4番 松本 空振り三振
(2アウト)
5番 村上 デッドボール
(2アウト 1塁)
6番 縞田 見逃し三振
(3アウトチェンジ)

安打 0
四死球 1
三振 3
得点 0

4回終了もまだまだ序盤。
このまま仲間を信じて辛抱だ。

5回表

9番 上田 空振り三振
(1アウト)
1番 小林 ピッチャー前セーフティーバントアウト
(2アウト)
2番 目黒 ショートゴロ
(3アウトチェンジ)

安打 0
四死球 0
三振 1
得点 0

4回5回と三者凡退。
徐々に流れが傾いてきたぞ!

5回裏

7番 木本 空振り三振
(1アウト)
8番 石川 ライトフライ
(2アウト)
9番 山口 空振り三振
(3アウトチェンジ)

安打 0
四死球 0
三振 2
得点 0

今が我慢だ!
次から3順目、攻めるぞ!

6回表

3番 岩本 ライトフライ
(1アウト)
4番 北道 ファーストゴロ
(2アウト)
5番 高尾 センター前ヒット
(2アウト 1塁)
6番 平野 レフトフライ
(3アウトチェンジ)

安打 1
四死球 0
三振 0
得点 0

さあ、反撃するぞ!

6回裏

1番 川端 空振り三振
(1アウト)
2番 竹内 空振り三振
(2アウト)
3番 佐藤 サード前セーフティーバントを試みるも失敗
(3アウトチェンジ)

安打 0
四死球 0
三振 2
得点 0

7回表

7番 越前 ピッチャーゴロ
(1アウト)
8番 PH 芦川 デッドボール
(1アウト 1塁)
ワイルドピッチ ランナー2塁へ
9番 上田 空振り三振
(2アウト 2塁)
ナイスピッチング、片山!
1番 小林 サードゴロ
(3アウトチェンジ)

安打 0
四死球 1
三振 1
得点 0

さあ、残り3回の攻撃。
まずは同点!

7回裏

4番 松本 男松本、バックスクリーン左側に飛び込むホームラン!
5番 村上 ファーストゴロ
(1アウト)
6番 縞田 デッドボール
(1アウト 1塁)
さあ、チャンスを活かせ!
7番 木本 ライト前ヒット
(1アウト 1・2塁)
ピッチャー交代 小石 → 末永
8番 石川 レフトライナー
(2アウト 1・2塁)
9番 山口 → PH重谷 空振り三振
(3アウトチェンジ)

安打 2
四死球 1
三振 1
得点 1

4番松本の一振りで同点!
流れはJR。
残り2回で逆転するぞ!

8回表

2番 目黒 ショートファールフライ
(1アウト)
3番 岩本 見逃し三振
(2アウト)
4番 北道 ショートゴロ
(3アウトチェンジ)

安打 0
四死球 0
三振 1
得点 0

いいぞ、片山!
味方の援護を待て。

8回裏

1番 川端 左中間エンタイトルツーベース
(ノーアウト 2塁)
追加点への絶好のチャンス!
2番 竹内 ピッチャー前への送りバント成功
(1アウト 3塁)
代打 佐藤 → 澤
ベテラン頼んだぞ!
3番 澤 見逃し三振
(2アウト 3塁)
4番 松本 セカンドフライ
(3アウトチェンジ)

安打 1
四死球 0
三振 1
得点 0

9回表

センター 澤 → 石川
5番 高尾 ライトフライ
(1アウト)
6番 平野 センター前ヒット
(1アウト 1塁)
ピッチャー交代 片山 → 金
一塁牽制タッチアウト!
いいぞ、金!!
(2アウト)
7番 越前 インコース「ズバッ」っと見逃し三振
(3アウトチェンジ)

安打 1
四死球 0
三振 1
得点 0

全員野球で1点もぎ取れ!

9回裏

5番 村上 空振り三振
(1アウト)
6番 縞田 ライトフライ
(2アウト)
7番 木本 空振り三振
(3アウトチェンジ)

安打 0
四死球 0
三振 2
得点 0

延長戦突入。
一歩も引くな!
向かっていけ!!

10回表

8番 芦川 サードライナー
(1アウト)
9番 上田 セカンドフライ
(2アウト)
1番 小林 センター前ヒット
(2アウト 1塁)
盗塁成功
(2アウト 2塁)
がんばれ、金!
2番 目黒 レフトフライ
(3アウトチェンジ)

安打 1
四死球 0
三振 0
得点 0

ピンチの後にはチャンスあり!
もぎ取れ1点!!

10回裏

8番 石川 サード内野安打
(ノーアウト 1塁)
さあ、いくぞ!
9番 鈴木雄 バント小フライ失敗
キャッチャー1塁へ送球 ダブルプレー
(2アウト)
切り替えて!
1番 川端 フォアボール
(2アウト 1塁)
2番 竹内 セカンドゴロ
(3アウトチェンジ)

安打 1
四死球 1
三振 0
得点 0

11回表

3番 岩本 レフトフライ
(1アウト)
4番 北道 見逃し三振
(2アウト)
5番 高尾 ライトフライ
(3アウトチェンジ)

安打 0
四死球 0
三振 1
得点 0

この回で決めるぞ!

11回裏

3番 石岡 レフト線ツーベースヒット
(ノーアウト 2塁)
大チャンス到来!
男松本、頼んだぞ!!
4番 松本 レフトオーバーサヨナラヒット!

安打 2
四死球 0
三振 0
得点 1

見事、松本!!

【まとめ】

都市対抗野球、初の東京都同士の対決となった。

先発十亀、立ち上がりは良かったものの、2回に三連打で1点を奪われ、片山にスイッチ。
見事な投球でリズムを作り、その流れを金も引き継いだ。

この決勝戦も見事な投手リレーであった。

打線は6回まで11個の三振を喫するなど、相手投手に抑えられたが、4番松本のセンターバックスクリーン左へ飛び込むホームランで同点に追いつくと一気に流れが変わり、延長に入り、またもチャンスで松本がレフトフェンス直撃のサヨナラヒットを放った。

この5試合すべて、投打の噛み合った見応えのある最高の試合だった。

また3月11日の東日本大震災以来、野球ができることの喜びを感じながら、選手は自ら考え行動した結果、待望の黒獅子旗を持ち帰ることができた。

暖かいご声援、誠にありがとうございました。