TOP試合結果2012年公式戦第38回社会人野球日本選手権大会パナソニック

試合結果|JR東日本野球部の公式戦やオープン戦の試合結果をご覧いただけます。

2012年

公式戦

第38回社会人野球日本選手権大会

対戦相手:
パナソニック
試合日時:
11月12日
場所:
京セラドーム
守備 選手名
1 田中広
2 重谷
3 DH 畑中
4 松本
5 木本
6 竹内
7 石岡
8 石川
9 佐藤
先発投手 白崎
新人選手は新人選手です。
安打 1 0 1 0 0 3 0 3 0 8
四死球 1 0 0 0 0 1 0 4 0 6
三振 2 0 1 0 1 3 1 0 1 9
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
JR東日本 0 0 0 0 0 3 0 5 0 8
パナソニック 0 0 1 1 0 0 0 0 0 2
安打 0 0 1 3 1 0 1 1 0 7
四死球 1 1 1 0 0 0 1 0 0 4
三振 0 1 0 1 0 1 2 1 0 6
バッテリー 白崎(新人)、片山、戸田、斎藤貴、金 - 石川
本塁打 佐藤
三塁打
二塁打 畑中(新人)、松本、石川
盗塁 都築
選手 位置 打数 安打 打点
1 田中広 4 1 0
2 重谷 4 1 0
3 畑中 DH 4 1 0
4 松本 左右 3 1 1
5 木本 2 0 0
遠藤 PH 1 0 1
都築 R左 0 0 0
大前 PH 1 0 0
嘉数 0 0 0
6 竹内 5 0 0
7 石岡 右一 3 1 1
8 石川 4 1 3
9 佐藤 4 2 2
- - 35 8 8

新人選手は新人選手です。

投手名 回数 被安打 四死球 奪三振 失点 自責点
白崎 2 1/3 1 3 1 1 1
片山 2 4 0 1 1 1
戸田 2/3 0 0 0 0 0
斎藤貴 3 2 1 4 0 0
1 0 0 0 0 0
9 7 4 6 2 2

新人選手は新人選手です。

1回表

1番 田中広 空振り三振
(1アウト ランナーなし)
2番 重谷 空振り三振
(2アウト ランナーなし)
3番 畑中 レフト線ツーベースヒット
(2アウト ランナー2塁)
4番 松本 フォアボール
(2アウト 2塁1塁)
5番 木本 ショートゴロ
(3アウトチェンジ)


安打 1
四死球 1
三振 2
得点 0

1回裏

1番 坂口 セカンドゴロ
(1アウト ランナーなし)
2番 後界 セカンドゴロ
(2アウト ランナーなし)
3番 森 フォアボール
(2アウト ランナー1塁)
4番 梶原 セカンドゴロ
(3アウトチェンジ)


安打 0
四死球 1
三振 0
得点 0

2回表

6番 竹内 ファーストフライ
(1アウト ランナーなし)
7番 石岡 セカンドゴロ
(2アウト ランナーなし)
8番 石川 セカンドゴロ
(3アウトチェンジ)


安打 0
四死球 0
三振 0
得点 0

2回裏

5番 田中(宗) ファーストゴロ
(1アウト ランナーなし)
6番 柳田 フォアボール
(1アウト ランナー1塁)
7番 松元 ショートフライ
(2アウト ランナー1塁)
8番 井上 空振り三振
(3アウトチェンジ)


安打 0
四死球 1
三振 1
得点 0

3回表

9番 佐藤 レフト前ヒット
(ノーアウト ランナー1塁)
1番 田中広 送りバント成功
(1アウト ランナー2塁)
2番 重谷 空振り三振
(2アウト ランナー2塁)
3番 畑中 キャッチャーファールフライ
(3アウトチェンジ)


安打 1
四死球 0
三振 1
得点 0


白崎、しっかり抑えていこう!

3回裏

9番 久保田 フォアボール
(ノーアウト ランナー1塁)
1番 坂口 送りバント成功
(1アウト ランナー2塁)
2番 後界 レフト前タイムリーヒットで0-1
(1アウト ランナー1塁)
ピッチャー交代 白崎→片山
3番 森 セカンドゴロ ダブルプレー
(3アウトチェンジ)


安打 1
四死球 1
三振 0
得点 1


JR打線、反撃だ!

4回表

4番 松本 ショートゴロ
(1アウト ランナーなし)
5番 木本 セカンドゴロ
(2アウト ランナーなし)
6番 竹内 セカンドゴロ
(3アウトチェンジ)


安打 0
四死球 0
三振 0
得点 0

4回裏

4番 梶原 空振り三振
(1アウト ランナーなし)
5番 田中(宗) レフト前ヒット
(1アウト ランナー1塁)
6番 柳田 セカンドゴロ
(2アウト ランナー2塁)
7番 松元 レフト前ヒット
(2アウト ランナー3塁1塁)
松元 盗塁成功
(2アウト ランナー3塁2塁)
8番 井上 ピッチャー内野安打 0-2
(2アウト ランナー3塁1塁)
9番 久保田 サードゴロ
(3アウトチェンジ)


安打 3
四死球 0
三振 1
得点 1


元気を出して逆転だ!

5回表

7番 石岡 キャッチャーファールフライ
(1アウト ランナーなし)
8番 石川 センターフライ
(2アウト ランナーなし)
9番 佐藤 三振
(3アウトチェンジ)


安打 0
四死球 0
三振 1
得点 0

5回裏

1番 坂口 サード強襲ヒット
(ノーアウト ランナー1塁)
2番 後界 送りバント成功
(1アウト ランナー2塁)
ピッチャー交代 片山→戸田
3番 森 センターフライ
(2アウト ランナー2塁)
4番 梶原 センターフライ
(3アウトチェンジ)


安打 1
四死球 0
三振 0
得点 0

6回表

1番 田中広 三振
(1アウト ランナーなし)
2番 重谷 センター前ヒット
(1アウト ランナー1塁)
3番 畑中 フォアボール
(1アウト ランナー2塁1塁)
4番 松本 レフト線タイムリーツーベースヒット
2塁ランナー生還し1-2
(1アウト ランナー3塁2塁)
5番 木本に代わり代打遠藤
5番 遠藤 サードヒットの間に3塁ランナー生還 2-2同点
(1アウト ランナー3塁1塁)
代走 遠藤→都築
都築 盗塁成功
(1アウト ランナー3塁2塁)
6番 竹内 空振り三振
(2アウト ランナー3塁2塁)
7番 石岡 ピッチャー強襲のタイムリーヒット
1点追加3-2 逆転成功!
(2アウト ランナー3塁1塁)
8番 石川 空振り三振
(3アウトチェンジ)


安打 3
四死球 1
三振 3
得点 3


逆転成功!
いい流れで抑えていくぞ!

6回裏

ピッチャー交代 戸田→斎藤貴
5番 田中(宗) キャッチャーファールフライ
(1アウト ランナーなし)
6番 柳田 ショートゴロ
(2アウト ランナーなし)
7番 松元 空振り三振
(3アウトチェンジ)


安打 0
四死球 0
三振 1
得点 0

7回表

ピッチャー交代 秋吉→田中(篤)
9番 佐藤 サードゴロ
(1アウト ランナーなし)
1番 田中広 ライトフライ
(2アウト ランナーなし)
2番 重谷 空振り三振
(3アウトチェンジ)


安打 0
四死球 0
三振 1
得点 0

7回裏

8番 井上 空振り三振
(1アウト ランナーなし)
9番 久保田 ショート内野安打
(1アウト ランナー1塁)
代走 久保田→三浦
1番 坂口 三振
(2アウト ランナー1塁)
盗塁成功
(2アウト ランナー2塁)
2番 後界 フォアボール
(2アウト ランナー2塁1塁)
3番 森 ライトフライ
(3アウトチェンジ)


安打 1
四死球 1
三振 2
得点 0

8回表

3番 畑中 セカンドゴロ
(1アウト ランナーなし)
4番 松本 フォアボール
(1アウト ランナー1塁)
5番 都築 フォアボール
(1アウト ランナー2塁1塁)
6番 竹内 セカンドフライ
(2アウト ランナー2塁1塁)
7番 石岡 フォアボール
(2アウト ランナー満塁)
8番 石川 走者一掃レフトオーバータイムリーツーベースヒット
3点追加 6-2
(2アウト ランナー2塁)
ピッチャー交代 田中(篤)→田井
9番 佐藤 ツーランホームラン
2点追加 8-2
(2アウト ランナーなし)
1番 田中広 レフト前ヒット
(2アウト ランナー1塁)
盗塁成功
(2アウト ランナー2塁)
2番 重谷 フォアボール
(2アウト ランナー2塁1塁)
3番 畑中 ショートゴロ
(3アウトチェンジ)


安打 3
四死球 4
三振 0
得点 5


JR打線爆発!
残り2回、抑えていこう!!

8回裏

4番 梶原 センター前ヒット
(ノーアウト ランナー1塁)
5番 田中(宗) センターフライ
(1アウト ランナー1塁)
6番 柳田 空振り三振
(2アウト ランナー1塁)
7番 松元に代わり代打丸木
7番 丸木 ファーストゴロ
(3アウトチェンジ)


安打 1
四死球 0
三振 1
得点 0

9回表

ピッチャー交代 田井→藤井
4番 松本 空振り三振
(1アウト ランナーなし)
5番 都築に代わり代打大前
5番 大前 セカンドゴロ
(2アウト ランナーなし)
6番 竹内 サードゴロ
(3アウトチェンジ)


安打 0
四死球 0
三振 1
得点 0


最終回、しっかり守れ!

9回裏

ピッチャー交代 斎藤貴→金
8番 井上に代わり代打大久保
8番 大久保 ショートゴロ
(1アウト ランナーなし)
9番 三浦 ショートゴロ
(2アウト ランナーなし)
1番 坂口 ライトフライ
ゲームセット


安打 0
四死球 0
三振 0
得点 0


前半は息詰まる投手戦となったが、中盤以降、相手の隙を見逃さず、見事な逆転勝利となった。
要所に持ち味の堅実なプレーが出始め、連戦の疲れの中、はつらつとしたプレーと抜群の集中力で悪い流れを断ち切り、勝利の女神を手繰り寄せた。
日本選手権、初の決勝に臨むうえで価値ある一歩となった。
この流れで初のダイヤモンド旗を東京に持って帰るべく、全身全霊で最後まであきらめることのない粘り強い野球を展開してほしい。

次の試合も温かいご声援よろしくお願いします。