TOP試合結果2013年公式戦第84回都市対抗野球大会JX-ENEOS

試合結果|JR東日本野球部の公式戦やオープン戦の試合結果をご覧いただけます。

2013年

公式戦

第84回都市対抗野球大会

対戦相手:
JX-ENEOS
試合日時:
7月23日
場所:
東京ドーム
守備 選手名
1 西野
2 田中
3 遠藤
4 松本
5 DH 畑中
6 石岡
7 木本
8 石川
9 佐藤
先発投手 吉田
新人選手は新人選手です。
安打 0 3 0 2 1 0 1 0 3 10
四死球 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
三振 3 0 1 0 0 0 1 1 0 6
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9
JX-ENEOS 0 1 0 1 0 0 0 0 1 3
JR東日本 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1
安打 0 0 0 0 1 1 1 0 0 3
四死球 0 0 0 1 0 0 3 2 0 6
三振 0 0 3 0 1 0 0 1 0 5
バッテリー 吉田、片山、金 - 石川
本塁打 松本
三塁打
二塁打
盗塁
選手 位置 打数 安打 打点
1 西野 3 0 0
2 田中 3 1 0
3 遠藤 2 0 0
竹内 H三 2 0 0
4 松本 左右 3 1 1
5 畑中 DH 2 0 0
都築 RD 0 0 0
6 石岡 右一 4 1 0
7 木本 1 0 0
重谷 H左 1 0 0
山口 PH 1 0 0
8 石川 4 0 0
9 佐藤 2 0 0
齋藤 PH 0 0 0
佐々木 R中 0 0 0
岩澤 PH 1 0 0
- - 29 3 1

新人選手は新人選手です。

投手名 回数 被安打 四死球 奪三振 失点 自責点
吉田 1 1/3 2 0 3 1 1
片山 7 1/3 8 0 3 2 2
1/3 0 0 0 0 0
9 10 0 6 3 3

新人選手は新人選手です。

1回表

1番 石川
空振り三振
(1アウト ランナーなし)
2番 前田
2者連続三振
(2アウト ランナーなし)
3番 井領
3者連続三振
(3アウトチェンジ)


完璧な立ち上がり


安打 0
四死球 0
三振 3
得点 0

1回裏

1番 西野
レフトフライ
(1アウト ランナーなし)
2番 田中
良い当たり、セカンドライナー
(2アウト ランナーなし)
3番 遠藤
セカンドゴロ
(3アウトチェンジ)


立ち上がり、攻めきれず。


安打 0
四死球 0
三振 0
得点 0

2回表

4番 山田
ライト前ヒット
(ノーアウト ランナー1塁)
5番 池辺
サードゴロ
(1アウト ランナー2塁)
6番 宮澤
ピッチャー強襲の内野安打
(1アウト ランナー1・3塁)
ピッチャー交代 吉田 → 片山
7番 山崎
相手の打球をピッチャーが弾きセカンド内野安打 得点1点
(1アウト ランナー1・2塁)
8番 渡辺
セカンドゴロ、ダブルプレー
(3アウトチェンジ)


安打 3
四死球 0
三振 0
得点 1

2回裏

4番 松本
サードゴロ
(1アウト ランナーなし)
5番 畑中
ショートゴロ
(2アウト ランナーなし)
6番 石岡
ファーストゴロ
(3アウトチェンジ)


安打 0
四死球 0
三振 0
得点 0

3回表

9番 日高
空振り三振
(1アウト ランナーなし)
1番 石川
サードゴロ
(2アウト ランナーなし)
2番 前田
ショートゴロ
(3アウトチェンジ)


片山、ナイスピッチング
流れをつかむぞ!


安打 0
四死球 0
三振 1
得点 0

3回裏

7番 木本
見逃し三振
(1アウト ランナーなし)
8番 石川
スイングアウト三振
(2アウト ランナーなし)
9番 佐藤
見逃し三振
(3アウトチェンジ)


安打 0
四死球 0
三振 3
得点 0

4回表

3番 井領
ライト前ヒット
(ノーアウト ランナー1塁)
4番 山田
セカンドゴロ
(1アウト ランナー2塁)
5番 池辺
ライトオーバーのツーベースヒット 1点追加
(1アウト ランナー2塁)
6番 宮澤
ファーストゴロ
(2アウト ランナー3塁)
7番 山崎
サードゴロ
(3アウトチェンジ)


これから反撃だ!


安打 2
四死球 0
三振 0
得点 1

4回裏

1番 西野
フォアボール
(ノーアウト ランナー1塁)
2番 田中
送りバント成功
(1アウト ランナー2塁)
3番 遠藤
セカンドフライ
(2アウト ランナー2塁)
4番 松本
ショートライナー
(3アウトチェンジ)


初めてのランナーを出すもチャンスを活かせず。


安打 0
四死球 1
三振 0
得点 0

5回表

8番 渡辺
ショートゴロ
(1アウト ランナーなし)
9番 日高
ピッチャーライナー
(2アウト ランナーなし)
1番 石川
ライト前ヒット
(2アウト ランナー1塁)
2番 前田
ライトフライ
(3アウトチェンジ)


さぁ、中盤戦。逆転するぞ!


安打 1
四死球 0
三振 0
得点 0

5回裏

5番 畑中
サードゴロ
(1アウト ランナーなし)
6番 石岡
センター前ヒット 初ヒット!
(1アウト ランナー1塁)
代打 木本 → 重谷
7番 重谷
ショートゴロ セカンドフォースアウト
(2アウト ランナー1塁)
8番 石川
空振り三振
(3アウトチェンジ)


安打 1
四死球 0
三振 1
得点 0

6回表

守備 代打の重谷がレフト レフト松本がライト ライト石岡がファースト
3番 井領
センターフライ
(1アウト ランナーなし)
4番 山田
センターフライ
(2アウト ランナーなし)
5番 池辺
ショートゴロ
(3アウトチェンジ)


三者凡退、逆転だ!
流れをモノにしろ!!


安打 0
四死球 0
三振 0
得点 0

6回裏

9番 佐藤
いい当たりもファーストライナー
(1アウト ランナーなし)
1番 西野
セカンドゴロ
(2アウト ランナーなし)
2番 田中
ライト前ヒット
(2アウト ランナー1塁)
代打 遠藤 → 竹内
3番 竹内
ショートゴロ
(3アウトチェンジ)


安打 1
四死球 0
三振 0
得点 0

7回表

6番 宮澤
空振り三振
(1アウト ランナーなし)
7番 山崎
ショートへの内野安打
(1アウト ランナー1塁)
8番 渡辺
ダブルプレーで三者凡退
(3アウトチェンジ)


この流れを次につなげろ!


安打 1
四死球 0
三振 1
得点 0

7回裏

4番 松本
ホームラン! 得点1点
(ノーアウト ランナーなし)
5番 畑中
フォアボール
(ノーアウト ランナー1塁)
代走 畑中 → 都築
6番 石岡
レフトフライ
(1アウト ランナー1塁)
7番 重谷
フォアボール
(1アウト ランナー1・2塁)
8番 石川
サードフライ
(2アウト ランナー1・2塁)
ピッチャー交代 三上 → 沼尾
代打 佐藤 → 斎藤
9番 斎藤
デッドボール
(2アウト ランナー満塁)
代走 斎藤 → 佐々木
1番 西野
セカンドゴロ 三者残塁
(3アウトチェンジ)


松本のホームランで1点返すも満塁のチャンスを活かせず。
後、攻撃は2回、勝つぞ!


安打 1
四死球 3
三振 0
得点 1

8回表

代打 竹内がサード、代走 佐々木センター
9番 日高
ショートゴロ
(1アウト ランナーなし)
1番 石川
空振り三振
(2アウト ランナーなし)
2番 前田
セカンドゴロ
(3アウトチェンジ)


流れを相手に渡さず。
さぁ、逆転!


安打 0
四死球 0
三振 1
得点 0

8回裏

ピッチャー交代 沼尾 → 大城
2番 田中
空振り三振
(1アウト ランナーなし)
3番 竹内
キャッチャー、ファールフライ
(2アウト ランナーなし)
4番 松本
フォアボール
(2アウト ランナー1塁)
5番 都築
デッドボール
(2アウト ランナー1・2塁)
6番 石岡
ショートライナー 二者残塁
(3アウトチェンジ)


後1本が出ず。
まだ攻撃はある!


安打 0
四死球 2
三振 1
得点 0

9回表

3番 井領
ライトライナー
(1アウト ランナーなし)
4番 山田
レフト線へのツーベースヒット
(1アウト ランナー2塁)
代走 山田 → 山口
5番 池辺
センター前ヒット
(1アウト ランナー1・3塁)
6番 宮澤
センター前タイムリーヒット 1点追加
(1アウト ランナー1・2塁)
ピッチャー交代 片山 → 金
代打 山崎 → 山岡
7番 山岡
サードゴロ、ダブルプレー
(3アウトチェンジ)


安打 3
四死球 0
三振 0
得点 1

9回裏

代打 重谷 → 山口
7番 山口
サードゴロ
(1アウト ランナーなし)
8番 石川
ライトフライ
(2アウト ランナーなし)
代打 佐々木 → 岩沢
9番 岩沢
セカンドゴロ
(3アウト 試合終了)


安打 0
四死球 0
三振 0
得点 0


3度目の挑戦も雪辱果たせず。
しかし、3年連続の決勝進出、よくぞ頑張った!


先発吉田は、立ち上がりが抜群であったが、不運なアクシデントもあり、降板となった。その後、緊急登板の片山は、我慢のピッチングを続けたが、9回に相手の効果的な追加点により、勝負を決した。


一方打線は7回、4番松本の今大会4本目のホームランにより、反撃ののろしを上げ、2アウト満塁まで相手を追い込んだが、後1本が出ず、試合は3対1で、JX-ENEOSに軍配が上がった。


昨年の都市対抗野球日本選手権、今大会とJX-ENEOSに3連敗しているがこの秋の日本選手権では、JX-ENEOSに雪辱を果たし、ダイヤモンド旗を奪還する為に、今大会を糧にJR東日本硬式野球部は勝利を目指します。


今大会5試合で、多くの皆さまにご声援をいただき、誠にありがとうございました。今後も素晴らしいプレーを続けてくれることを期待します。